ドメイン選びは重要!

新しいWEBサイトを作る時に重要になってくるのが、ドメインです。ドメインは、そのサイトへアクセスしてもらうために必要な物で、ドメイン選びは重要です。しかし、ドメインの値段は、様々・・・。中には、1円というものもあります。1円、安い、魅力的と思いがちですが・・・。

下のバナーは、お名前.comのバナーです。バナーには、「.com .net .workのドメインが1円~」となっています。.work以外のドメインでは、1円になるには、レンタルサーバーと同時申し込みで1円という条件が付きます。.workのドメインについては、単独で申し込んでも、1円となります。



お名前.comの場合、ドメイン単独申し込みでも、
.xyzは30円、.siteは30円、.clubは99円、.meは360円、.asiaは499円などと、
他にも格安ドメインが存在します。

格安ドメインに比べ、.jpは2840円、.comは1040円、.netは1160円となり割高に見えてしまいます。

果たして、格安ドメインが、本当にお得なのでしょうか?罠はないのでしょうか?当サイトの姉妹サイトの「まるかじり!ひこね」の i-hikone.com の取得過程を使って、その真相をに迫ります。

ドメインの値段は何者?

.com .net .workが1円、.xyzは30円、.siteは30円、.clubは99円、.meは360円、.asiaは499円、.jpは2840円、.comは1040円、.netは1160円とは、一体、何の値段なのでしょう?
実は、この値段、ドメイン登録料の値段なのです。そして、ドメインを申し込んで登録した日から1年間有効ですが、1年後には、使い続けるならば更新料が必要となってきます。更新料が、登録料と同じかというと、ほぼ同じ物もあれば、格段に値段が跳ね上がる物があり、注意が必要です。格安だからと取得したドメインが、実は更新料は高額というものも存在するのです。

お名前.comの場合、
登録料1円だった.workのだと更新料が1年更新で990円・2年更新で1,980円、
登録料が30円だった.xyzだと更新料が1年更新1,480円・2年更新2,960円、
登録料が99円だった.clubのだと更新料が1年更新1,980円・2年更新3,960円
と値段が上がります。
他のドメインの中には、登録料は格安でも更新料はもっと値段が上がるドメインもあります。

一方、
.jpの場合、登録料2,840円、更新料が1年更新2,840円・2年更新5,680円、
.comの場合、登録料1,040円、更新料が1年更新1,280円・2年更新2,560円、
.netの場合、登録料1,160円、更新料が1年更新1,280円・2年更新2,560円
と登録料と更新料にあまり差がありません。

ドメインの登録料と更新料の詳細については、お名前.comのサイトをご覧下さい。
お名前.comドメイン登録料一覧
お名前.comドメイン更新料一覧

格安でも避けた方がいいドメイン

「まるかじり!ひこね」のドメインの候補は、「hikone.~」にしたかったのですが、当然「hikone.com」や「hikone.net」は取れるはずもなく、格安ドメインを使って「hikone.xyz」や「hikone.asia」や「hikone.club」なども考えましたが、結局、しませんでした。格安ドメインを使わなかったのには、大きな理由があります。

.xyzや.asiaなどは、登録料や更新料が比較的安いため、アダルトサイトや詐欺サイトなどでの利用の巣窟状態になっており、.xyzや.asiaドメインへのアクセスやメールをブロックしている組織やユーザーが増えていると聞きます。できれば使用を避けたいドメインですね。
信頼性を求めるならば、.jpドメインがベストですが値段が高いですね。お名前.comの.jpドメインは、まだ安い方ですが、他社では3,000円や4,000円を超えるところも見掛けます。私としては、ドメインとしての信頼性や値段から考えて、.comや.netをオススメします。

私がオススメするレジストラ(ドメインの申し込みできる会社)は、以下の通り
お名前.com
ドメインの種類も多く、値段が安いです。
ゴンベエドメイン
私が知る限りドメインの種類の多さは、ここがトップです。ただし、値段が高めのドメインも多いです。

 

※当ページは、「ラボ X」から移植し、アレンジを加えました。

関連:ドメインの苦い思い出(海外ドメインのリスク)

 

広告