注目キーワード

PayPay、住信SBIネット銀行からのチャージに対応

スマホ決済サービス「PayPay」は、2020年1月31日よりインターネット専業銀行(ネットバンク)の住信SBIネット銀行の口座登録、PayPay残高へのチャージに対応しました。PayPayのインターネット専業銀行(ネットバンク)への対応は、ジャパンネット銀行、じぶん銀行に続き3行目となります。ただし、PayPay残高の出金無料で即時可能な銀行は、ジャパンネット銀行のみということには変化はありません。PayPay残高の住信SBIネット銀行への出金は可能ですが、ジャパンネットバンク銀行以外の他校同様に、手数料は100円、出金完了までに2~3日掛かってしまいます。

今回の、PayPayと住信SBIネット銀行の接続は「Money Tap(マネータップ)」のシステムを利用した初の接続となります。新システムを利用した接続方法なので、住信SBIネット銀行のPayPayへの登録は、他行と違う操作になるかもと心配しましたが、他行と同様の操作で住信SBIネット銀行のPayPayへ登録が出来ました(筆者、設定済み)。

Money Tapを使うことで、既存インフラであるCAFIS(キャフィス)等を介さずに銀行口座からの直接的なチャージが可能となるため、PayPayにおける個々の金融機関との接続負担軽減が図れます。金融機関においても既存インフラに比べて低コストで事業者接続を実現できるというこで、

今後も、PayPayの対応銀行が増えることを期待!

 

住信SBIネット銀行は、預金総額5.2兆円、口座数371万口座を有し、国内のインターネット専業銀行では実は最大手の銀行です。使い勝手やサービスも、他のジャパンネット銀行や楽天銀行などのネット銀行より良く、今回のPayPayへの対応により、ますます使いやすくなりました。

広告