注目キーワード

いきものがかりが紅白歌合戦2020出場落選の原因・理由は?

「いきものがかり」は、2008年以降、紅白歌合戦へ連続出場し出場回数11回の出場を果たしていました(活動休止の2017年を除く)。

しかし、今年2020年の紅白歌合戦2020の出場選考から「いきものがかり」は落選してしまいました。

いきものがかりが、紅白歌合戦2020に出場できないことを、”おかしい”という声も多く上がっています。

今回は、今年も出場が確実視されていて出場できなかったことをおかしいと多くの人に思われている「いきものがかり」が紅白歌合戦2020に出場できなかった落選原因・理由について、調査しお知らせします。

画像引用:いきものがかり公式Webサイト

いきものがかりの紅白歌合戦2020への出場は確実視だったはずが・・・

芸能関係者の間でも出場は確実視だった

芸能記者
2010年度上半期のNHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の主題歌として書き下ろされた『ありがとう』が大ヒット。その功績により、NHKにとって御用達のようなポジションにあったため、今年も紅白出場が確実視されていたがまさかの落選となってしまった
ある芸能関係者の話にもある通り、誰もが、「いきものがかり」は、今年の紅白歌合戦2020に出場すると思っていました。

いきものがかりの紅白歌合戦2020落選を惜しむ声

ネットでもいきものがかりが紅白歌合戦2020に出場しないことを疑問に思う声が多くでいています。
いきものがかり紅白出んのか、、 何でや
歩いていこうもいいね。キ
いきものがかりが紅白歌合戦に出てほしかった。
紅白で聴きたかった…訴えかける顔
いきものがかり「きらきらにひかる」
いきものがかり紅白落選を受けてショック受けてたところで、こうやって曲がトレンド入りして愛されてるのを見るとめちゃくちゃ嬉しい。独立後YouTubeで今までの曲もあげてるから是非見て…。

いきものがかりが紅白歌合戦2020へ出場できなかった原因・理由は?

いきものがかりが紅白歌合戦2020へ出場できなかった原因・理由は、芸能関係者によると、

芸能記者
メンバー・山下穂尊が昨年2月、20代の女性に性的暴行していたことを今年1月に報じられた。その件が原因で、昨年6月には逮捕の噂が流れたほど。事務所は報道に対して法的措置を検討していることを表明したが、結局その後動きはなく、NHKとしては疑いが晴れなかったとみえ、落選させたようだ
と、いきものがかりのメンバー山下穂尊(やましたほたか)が疑惑?事件?が原因・理由のようです。
問題となった山下穂尊さん疑惑?事件?とは、
今年2020年1月17日発売のフライデーで山下穂尊さんの女性暴行デートレイプ疑惑が報じられました。
昨年2019年2月に過度の飲酒により意識のない女性に暴行をはたらいたとして、東京在住の20代一般女性から被害届が出されことを、フライデーがスクープし、今年2020年1月17日発売のフライデーで報じました。
その記事には、山下穂尊さんとその女性とのやりとりとされるLINEの画像も掲載されていました。

その報道に対し、いきものがかりの事務所は、同誌発売前の2020年1月16日に、強い姿勢で反論コメントを出しました。

事務所側は「山下は当該女性と一時期交際関係にあったことは事実ですが、それはあくまで双方合意のうえであり、法に触れるような行為はございません。LINEのやり取りもまったく心当たりがなく、事実では無いと認識しております」と疑惑を完全否定。
LINEのやり取りに関しても”捏造”の疑いが強く山下穂尊本人のものではない、と否定して、

今後は弁護士を交えて対応して法的措置も視野に入れていくとも発表しました。

しかし、その後、山下穂尊さんも事務所にも動きがなく、逮捕はされなかったものの(昨年2019年6月には逮捕の噂が流れました)疑惑も晴れず、
今年のいきものがかりが紅白歌合戦2020に選考落選に繋がってしまったとのことです(芸能記者)。

本当に残念な限りですね!!

本当に山下穂尊さんに問題が無かったならば、法的措置もとり断固とした対応をとり、疑惑を晴らすべきだったのが、表向きには何もせず、現在に至っています。裏では、被害を受けたという女性と、お金の支払いなど示談等で和解が成立しているのかもしれませんが、公表されていません。

山下穂尊さんには身の潔白を証明しほしいですね!!

参考:ライブドアニュース、エキサイトニュース

まとめ

今回は、今年も出場が確実視されていて出場できなかったことをおかしいと多くの人に思われている「いきものがかり」が紅白歌合戦2020に出場できなかった落選原因・理由について、調査しお知らせしました。

山下穂尊さんは身の潔白を証明し、今後もどんどん活躍して欲しい”いきものがかり”ですね!!

広告