注目キーワード
名称 JPQR
読み方 じぇいぴーきゅーあーる
種類 キャッシュレス決済技術
提供元 総務省
支払い可能店舗 JPQRコードが設置された店舗
特徴 2020年7月から全国展開が始まった、総務省が推進して導入された決済用統一QRコード。統一QRコード「JPQR」。
2020年7月現在の参加決済サービス
・atone
・auPAY
・OKI PAY
・中国銀聯
・commoney
・J-Coin pay
・d払い
・はまPay
・Fami Pay
・PayPay
・ほくほくPay
・MoneyTap
・メルペイ
・ゆうちょPay
・Yoka!Pay
・LINE Pay
・楽天ペイ
メリット 設置店舗は、複数のQRコードの設置が必要がなくなる、店員教育も容易になる。
デメリット 設置店舗は、QRコードは1つで済むが、利用には、各決済サービスとの契約が必要。設置店舗が支払う手数料も、各決済サービスによって、異なる。PayPayのように、JPQRを通しての決済手数料がPAYPAY独自より高くなるサービスもある。
広告