注目キーワード

PayPay、ボーナス付与率を大改悪

PayPayは、2020年4月1日から利用特典を変更し、PayPayボーナス付与率を大改悪をすることになりました。現在は支払い方法に応じて最大1.5%のPayPayボーナスを付与していますが、4月以降はPayPay残高・ヤフーカード支払い時で通常0.5%と大幅改悪となります。ただし、前月の100円以上の決済回数が50回以上だった場合は付与率を1%にアップ、さらに前月の決済金額の合計が10万円以上で1.5%にアップとなります。

PayPay残高・ヤフーカード払いの付与PayPayボーナス

  • 通常:0.5%
  • 前月100円以上の決済回数50回以上:1.0%(+0.5%)
  • 前月の決済金額10万円以上:1.0%(+0.5%)
  • 前月100円以上の決済回数50回以上かつ前月の決済金額10万円以上:1.5%(+0.5%+0.5%)

付与上限は7,500円/回で、月に15,000円までとなります。また、特典変更に伴い、前月の実績で当月の付与ボーナスが決まる形になるため、3月の利用状況に応じて、4月の付与ボーナスが決定となります。

月50回以上(50回は毎日1回決済を行っても30回にしかならないことから考えれば、50回はかなり使わないと到達できない)の決済や10万円以上(毎月10万円以上決済することは、金持ちでないとできないでしょう)の利用を毎月行うことは、難しいことであり、これは大幅改悪と言えるでしょう。

この大改悪による付与率は、LINE Payのボーナス付与(マイカラープログラム)より複雑で酷い状態となりました。去年秋に、PayPayとLineの統合の話が出て動き出したようですが、今回のLINE Pay以下のPayPayのボーナス付与は改悪と言えます。

LINE Payの場合

  • ホワイト(0.5%):1万円未満
  • レッド(0.8%):1万円以上5万円未満
  • ブルー(1%):5万円以上10万円未満
  • グリーン(2%):10万円以上

利用者を集めるだけ集めて、サービスの改悪を行うという、またもPayPayの親会社であるソフトバンクのいやらしさが、にじみ出ているような気がします。大変残念です!

1.5%という高還元率が魅力だったPayPayですが、今回の改悪により、大幅に魅力がなくなりました。0.5%なら多くの他社と同じであり、あえて、PayPayを使う価値がなくなりますね。高還元率がなくなったあとのPayPayは、使えるお店(加盟店)が多いだけしか魅力がなくなってしまいました。今後、利用者の近くのお店が他の魅力ある決済サービスに対応していれば利用者はそれに乗り換えるでしょうし、今後はPayPayの利用者離れが進むのではないかと思われます。

 

広告