注目キーワード

台風14号2020は近畿地方接近・上陸はいつ?最新進路と電車や飛行機交通への影響は?

2020年10月に入って、台風14号(チャンホン)が発生、強い勢力となりビックリされている方も多いかと思います。

今年の今までの台風は、近畿地方・関西・大阪・西日本の直撃はなかったものの、

今回の台風14号は、近畿地方・関西・大阪・西日本へ直撃は避けることができなさそうでとても心配に思うばかりです。

台風14号に付いた名前をチャンポンと読んでしまうのは私だけではないと思いますという冗談は、
さておき、強い勢力の台風14号の進路や影響が心配ですね。

当記事では、台風14号の進路情報について、近畿地方・関西へいつ接近・上陸するのか?について、電車や飛行機等の交通機関への影響について、お知らせします。

台風14号(2020、チャンホン)最新情報

台風14号(2020、チャンホン)接近中!最接近、上陸はいつ?

台風と言えば9月に来るという印象が強いという方が多いかと思います。

台風発生が少なかった2020年9月で、もう今年は大きな台風は来ることないだろうと勝手に安心してい筆者。

台風12号は日本はあまり被害が大きくなることはありませんでしたが、今回の台風14号は進路が読めない部分もあり、しかも強い勢力で心配です!!

2020年10月9日(木)現在、台風の進路が変わり、台風が上陸する可能性は、低くなりました。
しかし、台風第14号 や秋雨前線の影響により、大雨や非常に強い風が吹き、大しけとなっている地域があります。
台風の速度が遅いため、西日本・東日本では11日(日)にかけて長時間にわたり警戒が必要です。

以下は、2020年10月9日(木)現在の台風予想進路図

引用:気象庁

 

出典:ウェザニュース

2020年10月8日 午前6時発表の進路図

2020年10月8日(木)6時には、強い台風14号(チャンホン)は沖縄の東の海上を北上中です。

大東島地方と奄美地方、種子島・屋久島などが風速15m/s以上の強風域に既に入っています。明日9日(金)にかけて北上を続けたあと、週末には東寄りに向きを変えて、本州にかなり接近するおそれがあります。今後の情報に注意してください。

▼台風14号 10月8日(木)6時推定
存在地域   南大東島の北東約260km
大きさ階級  //
強さ階級   強い
移動     北北西 20 km/h
中心気圧   970 hPa
最大風速   35 m/s (中心付近)
最大瞬間風速 50 m/s

台風14号は今日8日(木)になり進路を北向きに変え始めました。
10日(土)にかけてあまり速度を上げないままとても遅い動きで、四国の南へ北上する見通しです。
その後、10日(土)には東に進路を変えて紀伊半島沖へ接近または上陸のおそれがあり、
そして、11日(日)午前中にかけて東日本にかなり接近、または上陸するおそれがあります。

台風14号は、台風発達の目安である海面水温27度以上の海域を北西進していますので、
強い台風にまで発達し、大きな眼を持っています。

近畿地方・関西に接近し大きく影響を及ぼすのは、10日(土)の丸1日の可能性が高いです。

その前後9日(金)、11日(日)も、雨が降り続くなどの影響はあると思われます。
台風14号が秋雨前線を刺激しているので、台風14号が去った後も雨が降り続く可能性があります。


台風14号の接近前から東日本や西日本では秋雨前線の影響で雨が降っているところが多くなっています。
これに台風接近時の雨が加わり、西日本の太平洋側では雨量が多くなり大雨となるおそれがあります。

台風の中心が接近した場合、雨風ともに強まり荒れた天気となるため、警戒が必要です。
このままの進路の場合、西日本、東日本など本州全域に、大きな影響を及ぼす可能性があります。

2020年10月8日 15時40分 衛星写真             引用:気象庁

以下は、10月8日12時発表の気象庁発表の進路予想や天気図です。

以下は、10月7日0時発表の気象庁発表の進路予想や天気図です。

台風の影響の雨で11月の肌寒さに注意!!

引用:tenki.kp

10月8日(木)の近畿地方・関西・大阪は、台風の影響による強風などの影響の心配はまだ少ないですが、ずっと雨が降り続き、肌寒い1日となります。その寒さは、11月並みで、上着が必要なほどの肌寒さになります。
そして、この寒さは、ずっと続く可能性があります。

台風接近に伴い、本州付近は前線の影響で雨が上がることなく降り続き、10月8日(木)は7日(水)よりに大幅に気温が低下します。
今シーズンはじめて最高気温が20度に届かない所もありそうです。11月並みの肌寒さになりますので、暖かくしてお出かけください。

九州は25度に届かず、10月中旬から下旬並みでしょう。
中国、四国、近畿、東海、関東、東北南部は昨日10月7日(水)よりも5度以上低い所が多く、広く20度に届かない見込みです。
大阪や名古屋、東京など、この秋はじめて20度に届かない所もありそうです。

日中は雨が降り続き、気温がほとんど上がりません。11月並みで、昨日7日(木)とは一転、上着が必要なほどの肌寒さになりそうです。上着を羽織るなど、暖かくしてお出かけください。体調管理にもご注意下さい。

東北北部と北海道は昨日と同じくらいでほぼ平年並み、一方、沖縄は30度近くまで上がりそうです。

台風接近から台風が去るまで、4~3日間(10月8日(木)~10月10日(土)もしくは10月8日(木)~10月11日(日))も雨が降り続くことになる、近畿地方・関西・大阪、台風が去った後も、肌寒い日が続くかもしれません。

台風14号(チャンホン)は近畿地方・関西にいつ上陸?

現在の台風14号の予想から近畿地方・関西・大阪に接近・上陸するのは、

週末の10月9日(金)〜11日(日)、

特に10日(土)が一番台風が接近・上陸の可能性が高いと予想します。

この三日間、特に台風が上陸しなくても接近で、上陸・接近前後、雨風が強まるので事前に台風に備えた準備をする必要があります。

雨風が強まるのは、8日午後頃以降には特にだんだん強まりそうで、週の半分は、雨の日となりそうですね!

過去に、近畿地方・関西・大阪に大きな影響を及ぼした台風は、2018年の台風21号でした。

2018年(平成30年)9月4日関に近畿東方・関西・大阪に最接近し、関西空港が浸水、電車が運休、百貨店が臨時休業ととても大きな影響がありました。

Weathernews Inc.

2018年9月4日、台風21号は「非常に強い勢力」で徳島県南部に上陸し、1961年の第二室戸台風と同じような経路を辿って…

あわせて読みたい

スマホやタブレット(iPadを除く)の初期設定では、緊急速報(Jアラート)が鳴るようになっています。 当記事では、初期設定の緊急速報(Jアラート)が鳴る状態から緊急速報(Jアラート)を鳴らないようにする手順をお知らせします。 もし、[…]

今回の台風14号(チャンホン)は、2018年の台風21号と同じ位の威力があるかもしれないので、台風の動きに要注意!!

以下のWindyは、1時間おきに自動的に更新され、台風14号の最新情報を見ることができます。

Windyでの台風の動きを確認すると、現在日本の南をゆっくりととても遅い速度で上昇してきているのがわかります。

台風14号の渦の中心が真っ赤で、いかに強いかわかりますね!!

この台風が、近畿地方・関西・大阪に直撃となったら怖いですね!!

台風14号による近畿地方・関西の交通への影響は?

2020年10月8日(木) 午前11時現在、台風14号による列車・電車の運休、飛行機の運休、高速道路の閉鎖等の発表はされておりません。飛行機は、関西空港初で沖縄方面で一部運休になっています。今後、増えていく可能性はあります。

しかし、2020年10月8日(木) 午前11時現在、列車・電車の遅れは発生しているようで、今後の台風14号次第では、運休などの可能性も十分にあり得ます。

2020年10月9日(金)現在、JR東海は、JR東海道新幹線は台風の接近に伴い、10日昼ごろから東京と新大阪の間で運転を見合わせるなどの可能性があるとしていましたが、台風の予想進路が南寄りになったことから、9日午後、10日は通常どおりの運転を行うと発表しました。

当記事も、新しい情報が入り次第、追記・更新していきます。

JR西日本の列車運行情報を提供しています。…

近畿で現在発生しているJR・新幹線・私鉄・地下鉄の運行情報や遅延情報、事故、運休、工事情報などを提供しています。…

台風14号近畿地方・関西への影響まとめ

今回は、「台風14号2020は近畿地方接近・上陸はいつ?最新進路と電車や飛行機交通への影響は?」と題しまして、

非常に大きい台風14号2020(チャンホン)が近畿地方・関西・大阪にいつ最接近・上陸するのかという事についてお知らせしました。

現在の予想では、畿地方・関西・大阪には10月11日(日)に最接近する見込みです。

しかし、台風14号は進路に幅があり、予測が変わる可能性が高いと言われており、今後の情報にも要注意です!!

台風14号は、西日本や東日本に多大な影響を与えて進む可能性があります!!

今後の最新進路に十分気をつけていきましょう!!

当サイトでも、随時、最新情報をお知らせしていきたいと思います。

広告