注目キーワード

丸山達也島根県知事は東京大学卒で経歴もヤバイ!出身高校の学歴や評判についても!

丸山達也島根県知事が、島根の聖火リレー中止を検討していると話題になっています!

理由としては、島根県民の命を守る事を第一に考え聖火リレー中止を検討したと言われています。

竹下亘衆議院議員に注意すると上から目線で言われた丸山達也知事ですが、実は、竹下亘衆議院議員より凄い経歴の持ち主です。

そんな丸山達也島根県知事の出身大学や出身高校などの学歴や経歴が気になりますね!
なんと、東大卒で、自治省入省のエリートでした!

今回は、丸山達也島根県知事の東京大学卒業や出身高校の学歴について、スゴい経歴について、評判についても、調べお知らせします。

画像引用:議員ウォッチ

丸山達也知事は東大卒!

丸山達也島根県知事に「注意しなければならない」と言っている竹下亘衆議院議員は慶應義塾大学経済学部卒、一方で丸山達也島根県知事は東京大学法学部卒業です。

丸山達也知事の実家は農家

丸山達也島根県知事は、出身は、実家はでイチゴやブドウや米を作る専業農家でした。

そして、丸山達也島根県知事は、3兄弟の長男になります。

旧家・竹下家お金持ちの家に生まれ育った亘衆議院議員とは、大きく異なりますね?!

丸山達也島根県知事の出身高校は?

出身高校は、福岡県の久留米大学附設高校です。

久留米大学附設高校は中高一貫の私立校で、偏差値76で福岡県内一の学力で有名です。

久留米大学附設高校には補欠合格でした。

しかし、東京大学へ、農作業の手伝いをしながらも必死に勉強して、東大合格したそうです。

丸山達也島根県知事は、1988年に久留米大学附設高等学校を卒業しています。

丸山達也島根県知事は、東京大学法学部卒業

丸山達也島根県知事は東京大学入学後の東京生活について、

「東京の水は合わなかった。比較的真面目に勉強した。」

と振り返られていました。

丸山達也島根県知事は、1992年に東京大学法学部を卒業しています。

合わせて読みたい

丸山達也島根県知事が、島根の聖火リレー中止を検討していると話題になっていますね!理由としては、島根県民の命を守る事を第一に考え聖火リレー中止を検討したと言われています。そんな丸山達也島根県知事の息子や娘や奥さん(妻・嫁)は、[…]

合わせて読みたい

問題発言の続いている竹下亘衆議院議員ですが、息子や兄弟や妻などの家系図がヤバいほど豪華だということがわかりました。竹下亘衆議院議員には、2人の凄い経歴や学歴をお持ちの息子さんがいます。奥さん(妻)の家系図もヤバいくらい凄いみ[…]

丸山達也島根県知事の経歴は?!

丸山達也島根県知事の自治省での経歴

丸山達也島根県知事は、東京大学を卒業後、1992年4月に自治省入省しています。

「地方の為に働きたい」と言う思いで、自治省へ入省されたそうです。

2003年4月、埼玉県総務部財政課長

2005年4月、総務省自治財政局交付税課課長補佐

2009年4月、長野県飯田市副市長

2011年6月、 総務省情報流通行政局地域放送推進室長

2013年4月、島根県環境生活部長

2014年4月、島根県政策企画局長

3年間の島根県への出向の間には、隠岐諸島の世界ジオパーク認定や人口減少対策に取り組み、
休日は家族で三瓶山などに足を運ばれていました。

2016年4月、総務省消防庁国民保護室長

2017年7月、地方公共団体金融機構地方支援部長

2018年12月、総務省を退職
自民党の中堅若手県議から要請を受け、島根県知事選への出馬を決断

総務相時代には、地方のために取り組んでこられたことがよく分かりますね!

2019年4月、島根県知事(1期目)
無所属で立候補し、15万338票を獲得し当選
島根県以外の出身者が知事になるのは、公選制度になってから史上初

島根県知事選では、雇用創出や中山間地域・離島振興やインフラ整備や子育て世代の経済的負担の軽減などを進め、人口減少に歯止めをかけると訴えたそうです。

告示前は自民党から支援を得られず、苦戦を強いられたが、

党派を超えた「県民党」を掲げ、県議会の自民党議員連盟(22人)の14人のほか、民主県民クラブ7人、無会派2人が支えました。

そして、支える県議が支持固めを進めて、一部の自民党地域支部や建設業者なども支援に回り、連合島根も精力的に動いた。

県農政会議や連合島根など39団体の推薦を得て、保守分裂で自主投票を決めた公明党の支持層にも浸透し、大票田の松江、出雲両市では浮動票をつかみ、突き放したそうです。

この島根県知事選では、竹下亘氏が率いる自民党県連所属の国会議員らは、丸山達也氏とは別の候補を支援して、丸山達也氏に敗れました。

丸山達也島根県知事の知事になってからの経歴・実績

丸山達也島根県知事は、

2020年3月には全国一律の休校要請が出た際には、県立高校、特別支援学校の休校は見送る決断をしました。

その理由としては、休校すると学習の遅れや家庭の負担などが増えることを考えて決断したようです。

県民の事を第一に考えて行動に移し示してくれる姿は信頼・信用・評判にも繋がりますね。

 

そして今回の、丸山達也島根県知事の島根の聖火リレー中止を検討しているという発表は、

島根県民の命を守る事を第一に考え聖火リレー中止を検討したとのことです。

島根県のコロナウイルス感染者が他都道府県より少ないのも、丸山達也島根県知事率いる島根県自体が頑張っているからと言われていますね!

丸山達也島根県知事が、島根県のために最善を尽くしておられることが分かりますね!

島根県に属する竹島が、韓国によって不法占拠されている状態についても、丸山達也島根県知事は、2月22日の"竹島の日"の式典において「占拠を既成事実化しようとする動きが続いている。極めて遺憾」と韓国側を批判し、はっきりとした態度を示しています。

一方で、異母兄弟の竹下登首相の地盤・看板だけで島根県代表・島根2区の代表の竹下亘衆議院議員は、島根県の実態をも知らないくせに、国会議員と言うだけで、上から目線の発言には、反発が集まるだけでしょうね?!

丸山達也島根県知事の評判は?!

丸山達也島根県知事の東京オリンピック聖火リレー中止検討の発言を、応援する声が多いようです。

合わせて読みたい

問題発言の続いている竹下亘衆議院議員ですが、息子や兄弟や妻などの家系図がヤバいほど豪華だということがわかりました。竹下亘衆議院議員には、2人の凄い経歴や学歴をお持ちの息子さんがいます。奥さん(妻)の家系図もヤバいくらい凄いみ[…]

まとめ

今回は、丸山達也島根県知事の東京大学卒業や出身高校の学歴について、スゴい経歴について、評判についても、調べお知らせしました。

広告