注目キーワード

高橋宏斗の兄も慶應でプロ注目?!父や母の家族や彼女についても調査!

高橋宏斗さん(中京大中京高)が、中日ドラゴンズ最有力候補・ドラフト候補1位にリストアップされている2020年のドラフト会議(2020年10月26日)が迫ってきましたね!

髙橋宏斗さんさんは、兄・高橋伶介さんに憧れ、野球を始め、父や母の両親の理解や協力的な支えがあったからこそ、ここまで強くなることができたことがわかりました。

当記事では、高橋宏斗さんについて、高橋宏斗さんの父やプロ注目?!の兄など家族や彼女についても、調査しまとめました。

高橋宏斗選手とは?

高橋宏斗さんプロフィール

本名:高橋 宏斗
読み方:たかは しひろと
誕生日:2002年(平成14年)8月9日
出身地:愛知県尾張旭市
身長:184cm
体重:79kg
50m走タイム:6.4秒
出身小学校:尾張旭市立三郷小学校
出身中学校:尾張旭市立東中学校
出身シニアチーム:豊田シニア
趣味:観光
好きな野球選手:大谷翔平選手
好きな球団:中日ドラゴンズ
好きな食べ物:オムライス
苦手な食べ物:しいたけ
好きなタレント:なし
ニックネーム:ひろと
投打:右投(最速154キロ)・右打
この投稿をInstagramで見る

りょうた(@ta6702)がシェアした投稿 -

夢破れても、小さい頃からの夢に早く近づけるプロ志望

中京大中京高の高橋宏斗投手が2020年10月6日、の同校で取材に応じ、プロ志望届を提出することを明言しました。の高橋宏斗投手は「予定していた進路と異なる形になったが、プロ志望届を出すことにした。小さい頃から夢に早く近づける」と話しました。
これまで進学希望を打ち明けていたの高橋宏斗投手は、慶大環境情報学部をAO入試で受験。この日が合格発表だったが、残念ながら吉報は届きませんでした。
「もともと(進学とプロ)両方を考えていた。受験勉強した9カ月で人として成長できた。無駄ではなかった。今は切り替えている」とすっきりした表情で話し、「指名順位にこだわりはない。12球団OKです」と続けました。
地元・中日が高橋を高く評価していて、今月26日のドラフト会議では複数球団による1位競合の可能性もあります。

髙橋宏斗さんの兄も慶応大でプロ注目?!

兄・髙橋伶介さんに憧れ、野球を始めた髙橋宏斗さん

高橋宏斗さんには、5歳年上の兄・高橋伶介さんがいます。
高橋宏斗さんは、2歳の頃から野球グランドへ行く機会が多かったようです。
なぜならば、

5つ年上の兄・高橋伶介が7歳のときにリトルリーグで野球を始め、両親もそれについていっていたため、
高橋宏斗も必然的にグラウンドへ行くことになりました。
小さくてかわいい宏斗は、ママたちのアイドルだったようです。

最初は砂いじり。
そのうち小さな手でボールを持つようになり、バットも持つようになり……。兄・高橋伶介さんが中学生になって県内屈指の強豪・豊田シニアに入ったころ、高橋宏斗さんは三郷ファイターズという軟式チームで野球を始めました。

小さいときからずっと兄のことを「伶介」と呼ぶ高橋宏斗さん。弟に呼び捨てにされても怒ることもない優しくてしっかり者のお兄ちゃん・高橋伶介さんと、口数は少なくマイペースだが、いつも兄の後をついていく弟・高橋宏斗さん。
その頃、兄に直接言ったことはなかったが、「速い球を投げたり、よく打ったり、自分ができないことを何でもできちゃう兄は憧れであり目標。いつも兄のマネをしていました」と振り返っています。

そんな高橋宏斗さんが小4のとき、すごいことが起こりました。豊田シニアのエースになっていた兄・高橋伶介が、快投を続けてリトルシニアの全国大会出場を決め、快進撃の末、初優勝を成し遂げたのでした。

両親と共に東京に行って全国大会1回戦からすべて応援していた高橋宏斗さんは、テレビでしか見たことがなかった神宮球場で堂々と投げる兄・高橋伶介さんを見て、とても感動したということです。

「本当にすごかった。自分のことのように嬉しくて、神宮のスタンドから見た兄の姿が忘れられないです」と高橋宏斗さんが話せば、兄・高橋伶介も「試合が終わった後、スタンドを見上げたら父と宏斗が僕に向かって何度もガッツポーズして喜んでいたんです。あれはすごく印象に残っています」と振り返っています。

しかも伶介は、最優秀選手賞(大会MVP)とベストナイン(投手)をダブル受賞!

そんな兄を見て高橋宏斗さんは「僕も頑張って練習してここで優勝する! いつか伶介を抜かす!」と心に決めたとのことです。

 

と、このように、兄・高橋伶介さんの影響を受け野球を始め、兄・高橋伶介さんに憧れ練習に励み強くなっていった高橋宏斗さんでした。

兄・高橋伶介さんは慶應義塾高校、慶應義塾大学へ

その後、兄・高橋伶介さんは、学業成績も良かったので慶應義塾高校(神奈川)へ進学し、慶應義塾大学へ進学しました。

兄・高橋伶介さんが4年生の時には、所属する慶応義塾大も東京六大学秋季リーグ戦で優勝し明治神宮大会出場を決めており、5つ年の離れた兄弟が同じ大会に出場することになりました。
残念ながら、兄・高橋伶介さんは、慶応義塾大の投手陣の層が厚すぎることもあり、ベンチ入りはかなわなかったが、だからこそ逆に弟・高橋宏斗さんの試合(明治神宮大会 高校部)を見ることができました。

兄のシニアの全国大会を見に来て、9歳の高橋宏斗さんが大興奮で応援していた夏から7年3カ月……今度は、22歳の兄がスタンドから見守る中、17歳の宏斗が神宮のマウンドで快投しました。

結果、明徳義塾高打線を、7回4安打零封の快挙を達成!!

そして、準決勝の天理高戦は6回からリリーフして勝ち投手に!!
決勝の健大高崎高戦でも4対3と1点リードで迎えた6回から登板し、9回までゼロでしのぎ、優勝に導いたのでした!!

それだけではなく、
慶応義塾大も決勝進出!!
高校の部の決勝後に行われた大学の部の決勝戦で関西大を下し優勝!!

本当に兄弟優勝を成し遂げてしまいました!!

その後、兄・高橋伶介さんは、野球人生を終わり、プロ志望届も出さず、2020年4月からは東京海上日動火災保険へ就職しました。
しかし、コロナ禍でリモート研修となり、兄・高橋伶介さんは、愛知県の実家へ戻り、またも高橋宏斗さんに大きな影響、成長のきっかけを与えることになりました。

兄・高橋伶介さんプロフィール

本名:髙橋 伶介
読み方:たかは れいすけ
誕生日:1997年(平成9年)5月25日
出身地:愛知県尾張旭市
身長:176cm
体重:78kg
出身小学校:尾張旭市立三郷小学校
出身中学校:尾張旭市立東中学校
出身高校:慶應義塾高校
最終学歴:慶應義塾大学法学部政治学科
現在職業:会社員(東京海上日動火災保険)
好きな野球選手:白村明弘選手
好きな球団:中日ドラゴンズ
ニックネーム:れいすけ
投打:右投・右打
将来の夢:プロ野球選手

高橋宏斗さんの父や母、家族について

高橋宏斗さんのお父さんやお母さんについての情報は、ネット上でほとんど公開されいません。

しかしながら、少しでも見つけられた情報が、

5つ年上の兄・伶介が7歳のときにリトルリーグで野球を始め、両親もそれについていっていたため、宏斗も必然的にグラウンドへ。

途中省略

両親とともに東京に行って全国大会1回戦からすべて応援していた宏斗は、テレビでしか見たことがなかった神宮球場で堂々と投げる兄を見て、とても感動したという。

引用:ヤフーSportsnavi

食事面では母も協力、父も仕事がない日は練習を手伝うなど、家族一丸となって高橋をサポートした結果、体づくりは成功。体重も増え、球質は良くなり、球威が増した。家族の支えもあり、高橋は聖地で躍動した。

引用:スポーツ報知

と、高橋宏斗さん、兄・高橋伶介さんの野球について、とても理解があり協力的であるお父さんお母さんの両親であることがわかります。

高橋宏斗選手にとって、兄・高橋伶介さんへの憧れ・影響を受けた野球ですが、お父さん・お母さんのご両親の支えがあったからこそ、続けられ成長した野球人生と言うことがわかります。

あわせて読みたい

早川隆久さん(早稲田大学)が、競合必至の1位指名として注目されているドラフト会議2020(2020年10月26日)が迫ってきました。 今回、早川隆久さんの出身中学や高校について、姉や父や母など家族について、イケメンだから彼女はいるだろ[…]

高橋宏斗さんの彼女について

高橋宏斗さんが、モテないわけがありません。イケメンですし・・・。

しかし、彼女についての情報は見つかりませんでした。いない可能性が高いと思います。
中京大中京エースなので、ファンもたくさんいてモテモテのはずと思いますが・・・・。
中学校、高校で、モテモテだったことでしょう?!

が、しかし、基本的に強豪高校の野球部の練習時間は、すごく長くなかなか遊ぶ暇はありません。
それくらいシビアにならないと甲子園には出場できないのが現実・・・。

なので、高高橋宏斗さんも野球漬けの毎日だったと思います。

まとめ

今回、高橋宏斗さん(中京大中京高)について、高橋宏斗さんさんの父やプロ注目?!の兄など家族や彼女についても、調査しまとめました。

高橋宏斗さんのドラフト会議の結果や今後の活躍が本当に楽しみですね!!

広告