注目キーワード

AGEphone for eoを市販ルーター経由や外出先から利用する方法

eo光の多機能ルーターeo-RT100には、eo光電話を利用している場合スマートフォンを子機として使える機能(AGEphone for eoをスマートフォンやタブレットへインストールすることによって可能)があります。

AGEphone for eoを利用する条件として、eo光の公式発表では、eo光の多機能ルーターeo-RT100で有線LANルーター機能、無線LANルーター・アクセスポイント機能、光電話アダプタ機能をりようした時のみ利用可能と公開してます。

しかし、実際は、以下の条件でも使用可能だったので、メモとして公開ます。
よって、eo光非公式であり、今後、仕様変更により、利用不可となるかもしれませんこと、ご注意下さい。

筆者が利用する市販ルータは、バファローBUFALLOのWXR-5950AX12です。

無線LANアクセスポイント機能を市販ルーターで使用

構成環境

ONU(eo光 純正)+有線LANルーター多機能(eo光 多機能ルータ eo-RT100)+無線LANルーター・アクセスポイント機能(市販ルーター)+eo光電話アダプタ(eo光 多機能ルータ eo-RT100)

手順

  1. eo光 多機能ルータ eo-RT100で、「無線LAN設定」→「無線LAN基本設定」で無線LAN機能を無効にする(2.4GHz通信機能、5GHz通信機能の「使用する」のチェックを外し、「設定」→「保存」)
  2. 市販無線ルーターを無線アクセスポイント機能に変更した上(eo光 多機能ルータ eo-RT100のIPアドレスと市販無線ルーターのIPアドレスが絶対に同じにならないように注意)で、eo光 多機能ルータ eo-RT100のLAN側ポートへ接続する

メリット

  • eo光 多機能ルータ eo-RT100は、有線LANルーターとしてインターネットへの接続速度は優秀であり、その優秀な部分を継続して利用可能
  • eo光 多機能ルータ eo-RT100の無線LANアクセスポイント機能は、IEEE 802.11ac(Wi-Fi 5)までしか対応せず、その上無線LANの電波が届く範囲が非常に弱く、それを市販の最新規格IEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)に対応し電波の強く無広い範囲に届く物や無線LAN接続が速い無線LANアクセスポイントへ置き換えが可能

デメリット

  • eo光 多機能ルータ eo-RT100の有線LANルーター機能は、インターネット接続速度は優秀であるが、セキュリティ機能は標準、VPNサーバーやNASサーバー機能等はなく、ルーター全体としては機能不足

eo光電話を、市販の有線・無線LANルーターで利用する方法

構成環境

eo光電話アダプタ(eo光 多機能ルータ eo-RT100)+有線LANルーター(市販ルータ)+無線LANルーター・アクセスポイント機能(市販ルータ)+ONU(eo光 純正)
※有線ルーターと無線LANルーター・アクセスポイントは一体で同一のもの

手順

eo光 多機能ルータ eo-RT100をeo光電話アダプタの機能のみが動いている状態にする

  1. ONU(eo光純正)とeo光 多機能ルータ eo-RT100の間にスイッチングハブ(Hub、以下、ハブ)を挟み、ONUのPCポートを分岐できるようにする
    ※eo光のONUに光電話というポート(上から2番目のポート)が存在するが、使用不可
    ※写真は、eo光の標準の接続状態(変更前の状態)
    ※eo光 多機能ルータ eo-RT100のLAN1~LAN4ポートを使っての分岐も、流れる信号が異なるので可能ですが、万が一のトラブルに備えて非推奨
  2. ONUのPCポートを分岐したハブに、eo光 多機能ルータ eo-RT100と市販ルーターのWANポートを接続する
  3. eo光 多機能ルータ eo-RT100のLANポートにPCを接続し、eo光 多機能ルータ eo-RT100のIPアドレスを変更する(必ず、 eo-RT100のIPアドレスを、市販ルータと異なる物に変更する
    「詳細設定」→「LAN側設定」→「IPアドレス/ネットマスク(ビット指定)「DHCPサーバ機能」の「使用する」のチェックも外す。
    当ページでは、市販ルータのIPアドレスを192.168.0.1とし、光電話アダプタのみ使うeo光 多機能ルータ eo-RT100を192.168.0.2と設定。市販ルータとeo光 多機能ルータは、同一セグメント(ネットマスク)内でIPアドレスが異なることが必須。)
  4. eo-RT100の有線LANルータ機能・無線LANルータ・アクセスポイント機能「ルータモード」を無効にする
  5. 市販ルータにeo光への接続設定を行う
  6. 市販ルータのLANポートとeo光 多機能ルータ eo-RT100のLANポートをLANケーブルで接続する(LANケーブルは、ストレートケーブル)
    (この時点で、ONUからハブにて市販ルーターとeo光 多機能ルータ eo-RT100の両方への接続を可能にし、市販ルーターとeo光 多機能ルータ eo-RT100はLANポート同士で接続。インターネット接続機能は市販ルーターのみにあり、eo光 多機能ルータ eo-RT100のインターネット接続機能は無効になっていることが必須。光電話アダプタ機能のみになったeo光 多機能ルータ eo-RT100に接続された固定電話は、発着信可能。)
  7. AGEphone for eoの設定を変更する
    設定→簡易設定→ルーターアドレス
    ルーターアドレスを、先に変更したIPアドレスと同じアドレスに変更(当記事では、192.168.0.2に変更したので、AGEphone for eoの設定も192.168.0.2に変更)
  8. 設定完了
  9. オプション設定
    VPNサーバ対応市販ルータの場合、AGEphone for eoをインストールしたスマートフォンやタブレットへVPNの設定をして、VPNサーバに接続した状態の場合、外出先のLTEやWiFiからもeo光電話経由での発着信が可能
    ※ルータ付属のVPNでなくても、SoftEther VPN、Packetix VPN、Open VPNなどのVPNなどでも可能。
    要は、外出先から、AGEphone eoが、eo光電話アダプタを有するeo光 多機能ルータ eo-RT100に接続が可能になったら、どこからでも、AGEphone for eoが利用可能になり、eo光電話の電話番号を使っての発着信が可能。

メリット

  • eo光 多機能ルータ eo-RT100より、高速な有線LAN、高速で遠くまで電波が届く無線LAN環境(IEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)対応機器など)に置き換え可能
  • VPNサーバ対応の市販ルータの場合、AGEphone eoを外出先(LTE接続やWiFi)からでも利用可能(VPN接続必須)

デメリット

AGEphone for eoは10ギガコース(最大10Gbps)/5ギガコース(最大5Gbps)では使えない、同等機能を持ったFAX電話あり

とても便利なAGEphone for eoですが、接続回線を、10ギガコース(最大10Gbps)/5ギガコース(最大5Gbps)にアップグレードすると使えなくなってしまいます。なぜなら、10ギガコース(最大10Gbps)/5ギガコース(最大5Gbps)用のeo光 多機能ルータ eo-RT150には、AGEphone for eoの親機となる機能が搭載されてないからです。

eo 1ギガコース以外で、AGEphone for eoと同等の機能を使いたい場合、パナソニックPanasonicのKX-PD915またはKX-PZ910(型番が流通ルートによって異なるだけで同製品)を使うしか有りません。

パナソニックPanasonicのKX-PD915またはKX-PZ910は、パナソニックの最上位のFAX電話機で、AGEphone for eoみたいにスマートフォンを子機として使えるだけでなく、送られてきたFAXをスマホで見ることができたりスマホの電話帳をKX-PD915/KX-PZ910本体の電話帳へ転送したりすることも可能です。PanasonicのKX-PD915またはKX-PZ910のスマートフォンの子機化機能は「スマートフォンコネクト」と呼ばれています。AGEphone for eo同等以上のことが、PanasonicのKX-PD915またはKX-PZ910さえあればできるのですが、値段が高いのが少々悩みますね・・・。

パナソニック デジタルコードレス普通紙ファクス(子機1台付き) KX-PD915DL-W 目安在庫=○【8/1限定最大2000円OFFクーポンあり】

価格:29,628円
(2020/8/1 20:16時点)
感想(0件)

パナソニック 【子機1台付】デジタルコードレス普通紙FAX 「おたっくす」 KX-PZ910DL-R(ボルドーレッド)

価格:29,800円
(2020/8/1 20:20時点)
感想(3件)

KX-PD915 を楽天市場でさがす
KX-PD915 をアマゾンでさがす
KX-PZ910 を楽天市場でさがす
KX-PZ910 をアマゾンでさがすト
広告