注目キーワード

西村ひろゆき氏のペンギン村はお得?!デメリットは?

西村ひろゆき氏のペンギン村とは?

ペンギン村( https://epg.jp/ )は、2019年12月に、元「2ちゃんねる」管理人として知られる西村ひろゆき(西村博之)氏によって、「相手の人格を否定すること」を禁止する新たなSNSサービスとして、立ち上げられました(2019年12月6日Twitterにてサービス開始を公開)。

ペンギン村について、色々と語られています。5ch(https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1575619486/)に挙がっていた疑問を中心に、その実態に迫っていきます。

追記:
2020年10月のG SuiteのGoogle Workspaceへの改定により、ペンギン村の説明から詳細な説明が消え「容量無制限のG driveストレージ」という説明もなくなりました。ペンギン村の¥1,880/月を維持するには、「Google Workspace Business Standard、¥1,360/月、1ユーザあたり2TBのクラウドストレージ」に変更する必要が、将来的に出てくるでしょう。現時点で、G Suite Businessユーザーのプラン変更は強制されていません(2020年11月現在)。
容量無制限を維持するには、Google Workspace Enterprise Standard(¥2,260/月、1ユーザあたり容量無制限のクラウドストレージ)に変更する必要がありますが、そうなるとペンギン村の月々の村民税?の大幅な値上げも必要になってきて現実的ではないので、可能性は低いと思われます。
容量無制限のクラウドストレージに魅力を感じてペンギン村を利用しているユーザーは、やがて退会していくことでしょう。

ペンギン村の実態・仕様

ペンギン村に関するWhois情報

Webサイト epg.jp(egp とは、e penguinの略と考えられる)

Domain Information: [ドメイン情報][Domain Name] EPG.JP[登録者名] にしむらひろゆき[Registrant]  Hiroyuki Nishimura[Name Server] ns1.value-domain.com[Name Server] ns2.value-domain.com[Name Server] ns3.value-domain.com[Name Server] ns4.value-domain.com[Name Server] ns5.value-domain.com[Signing Key] [登録年月日]  2019/03/31[有効期限] 2020/03/31[状態]  Active[最終更新] 2019/03/31 03:40:53 (JST)Contact Information: [公開連絡窓口][名前]  Whois情報公開代行サービス by バリュードメイン[Name]  Whois Privacy Protection Service by VALUE-DOMAIN[Email] whoisproxy@value-domain.com[Web Page] https://www.value-domain.com/[郵便番号] 530-0011[住所]  大阪府大阪市北区大深町3-1  グランフロント大阪 タワーB 23階[Postal Address]  [電話番号] 06-7634-2727[FAX番号]  06-6374-0121

決済用ページ gsuite.razil.jp

Domain Information: [ドメイン情報][Domain Name] RAZIL.JP[登録者名] 有限会社未来検索ブラジル[Registrant]  Brazil[Name Server] ns0.bartok.ad.jp[Name Server] ns1.bartok.ad.jp[Signing Key] [登録年月日]  2003/05/16[有効期限] 2020/05/31[状態]  Active[最終更新] 2019/06/01 04:52:02 (JST)Contact Information: [公開連絡窓口][名前]  有限会社未来検索ブラジル[Name]  Brazil[Email] nt@digitiminimi.com[Web Page]  [郵便番号] 151-0053[住所]  東京都渋谷区代々木5-59-5  東信代々木ビル4F[Postal Address] Toushin Yoyogi BLDG 4F  Yoyogi 5-59-5, Shibuya-ku, Tokyo[電話番号] 080-4613-3027[FAX番号]

有限会社未来検索ブラジル(みらいけんさくブラジル)は、西村博之氏が取締役を務める東京都千代田区に本社を置く検索エンジンを始めとするIT関連の開発やインターネット向けコンテンツの製作・配信および広告代理店業務を行っている企業。

ペンギン村のWebサイト

IPアドレス: 49.212.27.58

Webサーバ プロバイダ:SAKURA Internet

Webサーバ プログラム:nginx

SSL 証明書(暗号化手段)  :Let's Encrypt Authority X3(無料SSL)

Webサイトテーマ:TEMPLATEDのロードトリップ(2019.12現在、ペンギン村のトップページの写真は、ロードトリップのサンプル画像)

ペンギン村の中身

ペンギン村の中身は、実は、有料Googleチャットです。巷では、凄い!次世代SNS、居心地が良い!などとTwitterなどで発信されてますが、それは開発者側目線の意見や西村ひろゆき氏のファンの意見だからです。ユーザー目線で言ったら何も画期的な部分はありません。このサービスはGoogle G Suite(企業向けGmail)のチャットサービスを使用し2ch掲示板ぽいものを作り上げただけです。
Googleチャットという機能(無料版Gmailでも使える機能)があるので、チャットルームをたくさん作りその部屋でお題をについてみんなでしゃべるわけです。
いわゆる2chのスレッドですね。
G Suite Businessにて、その機能の一部のGoogleチャットを流用して会員制2ch掲示板ぽいものを作り上げたわけです。

通常、何かWEBサービスを立ち上げる場合サーバーなどハードが必要です。
しかし、ペンギン村のサービスはGoogle G Suite Businessのサービスを流用しているのでハードの用意や管理する必要がありません。
2ch掲示板でも莫大なサーバー費、また広告も見つけてこなければいけませんし、そのためには人を雇う必要もありますが、ペンギン村はその部分が必要ありません。
要は、ひろゆき氏のチャットルームに入れる権利を売ると言う商売で、販売者側は低リスクで販売や維持が行えるわけです。

ペンギン村は誰でも簡単に作れる?

ペンギン村のサービスとよく似たサービスを誰でも簡単に作れるか?というと、答えは、イエス!です。

人が集まるかは別として、西村ひろゆき氏と同様にGoogle G Suite Businessサービスを流用すれば、簡単に作れてしまいます。仲間内の交流サイトとして、Google G Suite Businessサービスを活用するのも、よいかもしれません。

ペンギン村のメリット

ペンギン村が容量無限ストレージは、本当?

109: 宇宙定数(千葉県) [CN] 2019/12/06(金) 17:19:54.58 ID:iv3Zfn1O0
無限ストレージが本体っぽいけど本当なのかね

133: ケレス(日本) [ニダ] 2019/12/06(金) 17:24:13.95 ID:rsIfExCH0
もしこれにユーザーが殺到したら、容量が足りなくなりました!値上げします!とかやりそう

5ch(https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1575619486/)より

ペンギン村が容量無限ストレージという事実は真実(今は事実でも、将来的には容量無制限の維持不可になる可能性有り)

実は、誰でも簡単に手に入れられる環境を利用しています。

ペンギン村のWebページ内の「提供されるサービス」について以前には、

提供されるサービス
2019/11/03

容量無制限のG driveストレージ
Google Photoに容量無制限で写真・動画を保存
epg.jpの容量無制限のGmailメールアカウント
提供する機能はG Suite Businessに準拠します
スマイル(0円)

と明記されていたように、「G Suite Business」が利用されています。

G Suite Businessは、ペンギン村立ち上げ当時の2019年12月現在では5ユーザー未満までは1ユーザー1TBで5ユーザー以上は容量無制限となるサービスです。1ユーザー1ヶ月1360円(税別)で、5ユーザー1360円×5=6800円(税別)さえ支払えば、誰でも手に入れることの出来るサービスというのが実態です。しかし、G Suite Businessは、2020年1月に仕様改訂が密かに行われ(公開告知なし)、1ユーザーから1ヶ月1,360円(税別)で容量無制限となるサービスとなりました。

追記:
2020年10月のG SuiteのGoogle Workspaceへの改定により、ペンギン村の説明から詳細な説明が消え「容量無制限のG driveストレージ」という説明もなくなりました。ペンギン村の¥1,880/月を維持するには、「Google Workspace Business Standard、¥1,360/月、1ユーザあたり2TBのクラウドストレージ」に変更する必要が、将来的に出てくるでしょう。現時点で、G Suite Businessユーザーのプラン変更は強制されていません(2020年11月現在)。
容量無制限を維持するには、Google Workspace Enterprise Standard(¥2,260/月、1ユーザあたり容量無制限のクラウドストレージ)に変更する必要がありますが、そうなるとペンギン村の月々の利用料の村民税?の大幅な値上げも必要になってきて現実的ではないので、可能性は低いと思われます。

 

つまり、ユーザーが殺到して容量が足りなくなるなんてことは無く、むしろ、ユーザーが増えれば増えるほど、G Suite Business1,496円(税込)は1ユーザー毎に必須となりますが、それ以外は、ペンギン村のWEBサイトの案内で利用するサーバやドメインの維持費に回せ、そして、サーバやドメイン維持費を越えた分については、西村ひろゆき氏の利益となっていくことになります。西村ひろゆき氏にとって、低コストで維持し続けるサービスとなることでしょう。ペンギン村は、現在は、G Suite Businessを利用していて容量無制限となっていますが、やがて、Googleからプラン変更を強いられた時に、Google Workspace Business Standardを選択する可能性が高く、上限2TBという制限がかかってくる可能性が高いです。

~@epg.jpというメールアドレスは、G Suite Businessが中身ということで、~@epg.jpというメールアドレスをGmailで利用することになります。gmail.comというドメインがepg.jpに代わるだけで、全てGmailと同じ中身・デザイン・ソフト・アプリとなります。

ペンギン村の1ヶ月1,880円(税込)という価格は、容量無制限ストレージ目的ならば損となります。G Suite Businessは、月1,496円(税込)のサービスです。それに対し、ペンギン村の村民税(利用料)は、1,880円(税込)で、384円の差があります。384円という差を、どうとらえるか次第です。

容量無限ストレージ目的で、ペンギン村を利用しても、G Suite Businessを直接利用する以外では、他社のサービスに比べれば安くなります。

OneDriveは、 OneDrive for Business Plan 2という名称のプランで1ユーザー1ヶ月1030円(税別)で5ユーザー以上が容量無制限となります。

Dropboxは、Dropbox Business Advancedという名称のプランで1ユーザ1ヶ月2000円(税別)で3ユーザ以上が容量無制限となります。

容量無制限はフォトだけではない!

259: パラス(京都府) [CH] 2019/12/06(金) 17:52:25.62 ID:8An/GRk+0
容量無制限の写真保存ってGoogleフォトの事かよ
単なるタダ乗りじゃねえのこれ

5ch(https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1575619486/)より

容量無制限とは、フォトだけではありません。フォトに関しても、画質やファイルサイズ変更無しで、容量無制限で保存可能となります。中身がG Suite Businessである限り、フォトだけでなく動画、Word、Excel、その他全てのファイルが、容量無制限、ファイルサイズの変更無しの元のまま保存が可能になります。

ペンギン村のデメリット

有料会員制の違法アップロードの巣窟化する可能性

ペンギン村のWebサイト内の村長(西村博之氏)からのメッセージに、

期間限定のゲーム漫画映画の無料ダウンロード情報を共有したり、

引用:https://epg.jp/generic.html

という文言が在り、少し心配に思います。

有料会員制の違法アップロードの巣窟になる可能性を心配します。

G Suite Businessのストレージへ違法ファイルをアップロードし共有可能状態にして、その情報をペンギン村のSNSへ投稿し、ペンギン村利用者が共有するという形になる可能性があります。閉じられたSNS利用者での共有でも、これは著作権保護法で認められた個人的複製の範囲以上の複製となり、著作権保護法を逸脱する可能性があります。しかし、外部から閉じられたSNSなので摘発は難しいでしょう。

ペンギン村のシステムは、Googleのシステムに依存しすぎて改善の余地なし

ペンギン村はβとしていて、将来の新機能に期待してしまいがちですが、新機能には期待できません。なぜならば、ペンギン村のシステムは、Googleチャットだからです。Googleチャットの上で作られたシステムでしかないからです。つまり、システムを変更できるのはGoogle社です。よって、ひろゆき氏がぺんぎん村をアップデートすることはできません。

ペンギン村は、ひろゆき氏ファンのためのシステム

ペンギン村は、立ち上げ当初は人が集まったとしても、時間が経つにつれて、ユーザー数はどんどん減少していくと思われます。

また、ぺんぎん村はGoogleチャットのシステムをそのまま使用しているためひろゆき氏などペンギン村運営によるサービス改善が行われる可能性はなく入会してすぐ満足ができない人は解約していくと思われます。

ただ、ひろゆき氏のファンは一定数いるためオンラインサロン的位置づけとして永遠にβという位置づけで残っていくのではないかと思われます。
1人でもいれば、何もしなくてもひろゆき氏にG Suite Businessとクレジットカード決済手数料の差額が入る仕組みなので数年後も細々と100人規模くらいのオンラインサロンとして残っていくのではと考えられます。

容量無制限のストレージ目的ならばG Suite Businessの直接契約がお得

上記の通り、ペンギン村は、西村ひろゆき氏ファンならばお得なシステムかもしれません。しかしながら、容量無制限ストレージ・クラウドが使えることに魅力を感じるならば、Google G Suite Businessに直接契約した方が絶対にお得です。

G Suiteの申し込みや詳細は、こちら

G Suite初年度利用料20%オフクーポン、プレゼント中

当サイトでは、G Suiteの初年度利用料が20%オフになるクーポンをプレゼント中(G Suite BusinessまたはG Suite Basicに対応)。「G Suite初年度利用料が20%オフ」クーポンを希望の方は、こちらからお申し込み下さい。

1アカウントでも容量無制限(データ、写真、メールなど全てが容量無制限)のG Suite Business(月1,360円(税別))がオススメ!

関連リンク

 

広告