注目キーワード

嵐の大晦日ラストライブが見れない繋がらないを事前に回避する対策集!

嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」の開催が、いよいよ迫ってきました。

11月3日「アラフェス2020 at 国立競技場」の当日のインターネット配信・後日のリピート配信でも、「見れない」「繋がらない」という悲鳴の声がたくさん出ました。

過去にも、嵐のオンライン配信は、「嵐のワクワク学校オンライン」「サマーパラダイス2020(サマパラ2020)」などが行われ、「見れない」「繋がらない」という悲鳴の声が・・・。
しかし、それらの「見れない」「繋がらない」の原因の中には、事前に回避できる対策がありました。

当記事では、「アラフェス2020 at 国立競技場」の当日のインターネット配信・後日のリピート配信のトラブル報告を元に再構成して、

嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」インターネット配信が、見れない繋がらないを事前に回避する対策について、嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」のサーバー落ちからの早期接続復帰について、まとめました。

嵐の大晦日ラストライブが観れない繋がらないのは自分が原因?配信サーバーが原因?

嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」が、見れない繋がらないトラブルが発生する可能性として、

自分の視聴環境が不安定なのが原因の場合と、

嵐年末ラストライブインターネット配信のサーバーの不調・サーバー落ちなどの配信側が原因の場合と

2つのパターンがあります。

まずは、自分の環境が原因で嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」が観れない繋がらないとならないようにする対策は、今からでも自分でできるので、しっかりと行っておきたいですね!

自分自身の環境の不安定が理由でネット接続が切れてしまった後に、サーバー落ち防止のためのアクセス制限の結果、サーバーは落ちて無くても、再接続ができないという事態が発生するかもしれません。

また、嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」の配信側が原因で、サーバー落ち、サーバーの不安定となり、自分の嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」視聴ページへ接続が切れてしまった場合、早く再接続したいという思いますよね!
早く接続したいと、当日になっての、焦りの行動は、禁物です。
嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」のサーバー落ち、サーバーの不安定対策についても、早く再接続をしやすくする対策はあるので、後でお知らせします。

自分でできる嵐の大晦日ラストライブが見れない繋がらない防止対策

自分でできる嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」が見れない繋がらない防止対策として、

パソコン対策編、

スマホ・タブレット(Android、iPhone、iPad)対策編、

インターネット通信環境対策編に

分けてお知らせします。

パソコン対策編

嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」のオンライン配信をパソコン(PC)で観る環境のために、LANなど有線で準備できる物は、極力、有線の物で準備する

パソコンの場合、無線LAN(Wi-Fi)でなく有線LAN、大画面のテレビに表示するならChromecast・Fire TVなどの無線接続を使わずHDMIケーブル1本で大画面のテレビと接続・表示可能です。

パソコンの場合、有線で準備できる物は、無線でなく有線で準備した方が、嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」のオンライン配信を高画質で安定性してトラブル無く視聴することができます。

※ただし、お使いの無線LAN(Wi-Fi)環境が、光回線に接続し無線LANルーターがWiFi5やWiFi6の新しい規格に対応しているならば、嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」に耐えられるだけの、速度を出し安定して視聴できるでしょう。

必ず、事前に嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」の特設環境の「視聴ページ・動画再生を確認する」で自分の環境をテストしておきましょう!
品質レベルが変更できます。最高品質で視聴したいと思っている方は、品質レベルを「1080p HD」に設定してテストしておきましょう!

しかし、無線LAN(Wi-Fi)であることには変わりないので、下記の「嵐の年末大晦日ラストライブの無線LAN(Wi-Fi)を利用時の注意点及び対策」については、注意と対策が必要です。

あわせて読みたい

今年2020年いっぱいで活動を休止する嵐が、年末大晦日ラストライブを生配信で行います。 年末大晦日の2020年12月31日(木)に東京ドームで無観客ライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」を生配信で行います。 今[…]

スマホ・タブレット(Android、iPhone、iPad)対策編

スマホ・タブレット(Android、iPhone、iPad)のバッテリーをフル充電しておく

嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」は開始時間は20時からと記載されていますが、終了時間は記載されていません。過去のアラフェス2020などから考えて1時間30分くらいが配信時間となるだろうと考えられます。

1時間30分も画面を連続表示させ続けると、スマホ・タブレット(Android、iPhone、iPad)のバッテリー消費量も激しく、まだ配信が終わってないのに、バッテリー切れとなり見れなくなってしまうという悲惨な状態は避けたいですね!!

機種が古いスマホ・タブレットでバッテリーがすぐに減ってしまう場合、急速充電対応の大容量モバイルバッテリーや急速充電器で、充電しながらの嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」 の視聴・再生が安全かもしれません!

必ず、配信前に、十分なバッテリーの充電を行っておきましょう!!

スマホ・タブレット(Android、iPhone、iPad)の表示時間を画面ロックまでの時間をなし、または最大にしておく

スマホ・タブレット(Android、iPhone、iPad)の画面が自動ロックされるまでの時間の設定を、「なし」または「最大の分間(なしの設定ができないAndroidなどの場合)」に必ず設定しておきましょう!

嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」視聴中に、スマホ・タブレット(Android、iPhone、iPad)が自動ロックになると、スマホ・タブレット(Android、iPhone、iPad)の「アラフェス2020」への接続は停止状態になってしまいます。自動ロックを解除した後の視聴は、その時に配信されている部分からの視聴となり、観ることのできなかった・見逃してしまった部分をさかのぼって観ることはできません。
嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」を、スマホ・タブレット(Android、iPhone、iPad)で録画を行ってた場合も、自動ロックがかかって画面が消えいた間は録画もされていません。

嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」のオンライン配信を、スマホ・タブレット(Android、iPhone、iPad)で再生・視聴する場合、事前に、スマホ・タブレット(Android、iPhone、iPad)のバッテリーの十分な充電と合わせて、画面の自動ロックまでの時間を「なし」または「最大の分間(なしの設定ができないAndroidなどの場合)」の設定は必ず行っておきたい設定ですね!!

あわせて読みたい

アラフェス2020(嵐フェス2020・ARAFES2020)の開催が、2020年11月3日(火・祝)にオンラインでの開催が決定しましたね。 今年5月に新国立競技場で行う予定で延期となっていた「アラフェス2020 at 国立競技場」が、[…]

インターネット通信環境対策編

嵐の大晦日ラストライブの視聴は必ず高速なWi-Fiで!!

嵐の大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」の高画質(1080p)をスマホ・タブレットの4G(LTE)で視聴することは、オススメしません!

嵐の大晦日ライブの2番目の高画質となる720pで1時間くらい視聴して、1GBくらいのデータ量(パケット量)を消費することになります(実際の消費量は、環境によって、異なります)(筆者経験談)。
嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」が、1時間半と考えて、720pという画質で視聴したとしても、PART1だけでも、1.5GBを消費することになります。1080pの高画質で視聴した場合、2倍の消費量だけでは済まない、それ以上の消費する可能性が高く、視聴中にパケ死(契約データ量の上限に到達)となる可能性があります。

そもそも、4G(LTE)の通信環境は、嵐の大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」の高画質(1080p)などを長時間視聴するだけの安定性した通信環境を確保するのは難しい状態です。

特に、大晦日ということで、多くの人が家にいて、スマホやタブレットを使い、回線が大変混み合う可能性が大です。そんな中で、安定した環境を確保するのは難しいと言えます。また、ドコモ、au、ソフトバンクの携帯会社が、年末の大量の通信の結果の回線のパンクを防ぐために、通信規制・抑制をし、いつもより速度が出にくくなっている可能性もあります。

通信業界としては、例年から回線が混雑しやすくなる大晦日に、その上に今年は嵐の超人気ライブが行われると言うことで、更なる大きな通信が発生して、例年以上に回線パンクを心配している可能性が高いです。

嵐の大晦日ラストライブのWiMAX2を利用時の注意点及び対策

4G(LTE)比べ高速で通信量規制の緩いと言われているWiMAX2ですが、嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」をWiMAX2を使って、視聴する場合、以下のことに注意が必要です。

  • 4G(LTE)に比べ通信可能エリアはかなり狭く、嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」視聴予定場所での通信テストは必須
  • WiMAX2の通信は、無線LAN(Wi-Fi)と同じ2.4GHzの電波を使用しており、下記の無線LAN(Wi-Fi)と動揺の注意や対策が必須

嵐の大晦日ラストライブの無線LAN(Wi-Fi)を利用時の注意点及び対策

配信までに、視聴予定場所での通信状態の確認

嵐の大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」の配信までに、必ず視聴予定場所で、無線LAN(Wi-Fi)の通信状況のテストをし、速度や安定性を確認しましょう!
電波という物は無線LAN(Wi-Fi)を含め色々なことからの影響を受けやすいです。
テスト時に、無線LAN(Wi-Fi)の通信はできても、変化が激しい場所では、嵐の大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」の配信当日にも、変動する可能性があるので避けるべきでしょう!

嵐の大晦日ラストライブ視聴中は、電子レンジの使用を一切しないことを徹底!

嵐の大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」のライブ時間は、ちょうどお腹が空いてくる頃か思います。お腹が空いたからと、電子レンジを動かしたら、嵐の大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」への接続も途切れる可能性があります。

え~と思われるかもしれませんが、電子レンジが発する電波の周波数2.4GHzと無線LAN(Wi-Fi)の周波数が同じで、電子レンジが発する電波の方が強く、無線LAN(Wi-Fi)に影響を与えてしまい、通信障害をも起こしてしまいます。
よって、2.4GHz帯の無線LAN(Wi-Fi)で接続する場合、電子レンジを、自分が使用しないだけでなく家族にもお願いして、電子レンジの使用を一切行わないことの徹底が必要です!!

もしくは、
5GHz帯対応の無線LANルーターならば、2.4GHz帯で通信するのでなく、5GHz帯で通信することをオススメします。5GHz帯で通信すれば、電子レンジの影響は全く受けません。ただし、5GHz帯は2.4GHz帯より高速ですが、2.4GHz帯より電波が届く範囲が狭いので注意が必要です。

※WiMAX2も、2.4GHz帯を使って基地局との通信を行っているので、同様の注意が必要です。ただし、WiMAX2の基地局との通信を、2.4GHz帯から5GHz帯への変更はできません。

嵐の大晦日ラストライブ視聴中に家族のYouTubeやオンラインゲームの禁止

嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」オンライン配信の視聴は、高画質での視聴の場合、お使いの無線LAN(Wi-Fi)環境に、かなりの高負荷を掛け、かなりデータ量を占有することになります。
嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」オンライン配信をスマホ・タブレット(Android、iPhone、iPad)で受信し、更に、大画面テレビでアラフェス2020を観るためにChromecast・Fire TV・Apple TVを使って大画面テレビへ映す(ミラーリング)を行ったならば、あなただけで、かなりのデータ量を占有することになります。

そんな嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」の視聴のためにかなりのデータ量を流している状態の無線LAN(Wi-Fi)へ、ホームページの閲覧くらいなら何も問題ないですが、更に、家族の誰かが、高画質のYouTubeの視聴、高画質のオンラインゲームのプレイ(最近のオンラインゲームは、本当に高画質で、その分、かなりの高速回線を必要)などを行ったならば、無線LAN(Wi-Fi)は渋滞の状態となり、嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」視聴にも大きな影響を与え画質の不安定だけでなく接続が切れてしまう危険性が十分あります。

WiFi5がWiFi6に対応した新しく高性能ルーターならば、上記のような高負荷の環境にも耐えられるかもしれませんが、確実とは言い切れません。

家族などへのお願いなど根回しも重要!!

あなたが嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」を視聴予定の無線LAN(Wi-Fi)を、あなた以外の家族などがYouTubeやオンラインゲームなどに使うことがあるならば、配信の時間の間の1時間30分くらいの間、使わないように今からお願いや根回しをしておく必要が大切ですね!

更に、年末ラストライブをリビングなどの大画面テレビに接続して、視聴予定の方は、家族も観たい番組がある中で、長時間、占有するわけですから、根回しは本当に大切だと思います。

あわせて読みたい

アラフェス2020 Part1セトリ(セットリスト)、アラフェス2020 Part2セトリ、感想を紹介します。アラフェス2020 Part2ネタバレとなる可能性が高いので、ネタバレが嫌な方は、読むのを止めてて下さい。 アラフェス2020セ[…]

嵐の大晦日ラストライブのサーバー落ち後の注意点及び対策

嵐の大晦日ラストライブのサーバー落ち事前対策

嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」へのログインのためのアドレスをブックマークしておいてそのブックマークからアクセスしてログインする方法か、
注文完了メール内のアドレスからログインする方法がオススメ!

※サマパラの時には、「URLを直打ちする」と入りやすいという情報も流れたようですが、これには全く根拠がなく、時間の無駄、良い方向に考えるなら、直打ちの手間で時間を無駄に使った結果、入るのが遅くなったから、他の人が押し寄せる時間と少しずれたから入れたと言うことかもしれません。

サーバー落ちした場合、少タイミングをずらして入ることをオススメ!

配信側がサーバー落ちした場合、早く観たいと焦る気持ちが出てしまいがちですが、他の人で焦る気持ちも同じで焦る気持ちが優先する人は、ひたすら再接続・再読込などを試しますが、いくらやっても入れないという結果になります。早く入りたいがために、再読込を繰り返す等の行為は、サーバー側に負荷を掛ける行為になります。
同時に何人もの人が押し寄せたことが原因なので時間を少しずらして入る・入り直すことをおススメします。

配信スタート時間付近も、人が押し寄せるので少し時間をおいてからログインするのがいいと思います。

あわせて読みたい

事前収録だけれど生ライブに負けない盛大な演出の嵐の「アラフェス2020 at 国立競技場」のインターネット配信・無観客ライブ、当日に観ることができたけどもう一度みたい、当日に観ることができなかったから観たいという方も多いと思います。 […]

あわせて読みたい

今年2020年いっぱいで活動を休止する嵐が、年末大晦日にラストライブを行います。東京ドームで無観客ライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」を生配信で行います。 それに合わせ、嵐の年末大晦日ラストライブのオフィシャル[…]

まとめ

当記事では、嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」インターネット配信が、見れない繋がらないを事前に回避する対策について、嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」のサーバー落ちからの早期接続復帰について、まとめお知らせしました。

嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」のインターネット配信について見れない繋がらないを事前に回避する対策や、嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」のサーバー落ちからの早期接続復帰のための対策について、事前にできる対策はいくつもあります。

当記事を読んで頂いた方ことで、嵐の年末大晦日ラストライブ「This is 嵐 LIVE 2020.12.31」のインターネット配信を、ノートラブルで楽しんで良い思い出となって頂けることに繋がれば幸いです。

広告