注目キーワード

iOS14に早くもバグ発見、目玉機能にバグ

iOS14リリース、早くもバグ発見、目玉機能にバグ発見

2020年9月17日から公開が始まったiPhone用のOSのiOS14で、今回のバージョンアップの目玉とされる機能の一つに致命的なバグが発見されました。

今回の目玉機能の一つで、今回、バグが発見されたのは、「ディフォルトのメールやブラウザを好みのメールアプリやブラウザに変更できる機能」

デフォルトのメールとブラウザーを変更しても、端末を再起動すると「Safari」や「メール」に戻ってしまうとのバグを訴える投稿が増えている。例えばデフォルトのブラウザーをGoogleの「Chrome」に設定すると、その時は期待通りに動作し、アプリやブラウザー内の任意のリンクをタップすればChromeが起動する。しかし、端末を再起動するとデフォルトのブラウザーがAppleのSafariに戻ってしまうという内容。
その他にも、以下のようなバグが発見されています。
  • Siriからの操作で、ショートカットアプリを使ってAirplay2を起動できない
  • アプリのアップデートをインストールした後、App Storeのアップデートページを再読み込みすると固まる
  • iPadで2段表示にした状態で、未読メールを表示でも既読メールが表示される
  • ウィジェットの表示が時々中断されたり、モザイクのような表示になる→再起動すると回復
  • 「連絡先」アプリの共有カードが表示されない
  • 位置情報サービスをオフにすると、COVID-19の接触確認通知もオフになる
  • iPhoneで「iTunes Store」アプリのGeniusページに何も表示されない
  • カレンダーウィジェットで、予定が進行中でも開始から15分後に削除される

その他、バグではありませんが、

一部アプリはiOS14未対応

iOS14やiPadOS14は、GMのリリースから正式版公開までの期間が1日しかなかったことで、非対応のアプリも残されています。

使えなくなると困るアプリについては、App Storeや開発元のWebサイトなどで情報を確認しiOS14未対応の場合、iOS14のインストールは少し待ったほうが良いでしょう。

合わせて読みたい

Apple(アップル)は、早くも iPhone用OS iOSの「iOS 14.0.1」の配信を始めました。 バグ修正が目的ですが、iOS 14の登場から、わずか1週間での新バージョン。 目玉機能のバグとして残念がられていた「[…]

iOSをバージョンダウンする方法

バグが頻発したiOS13の時の反省を活かし、iOS14では安定性重視で開発が進められても、既に色々とバグが見つかっているiOS14、
今後、もっと致命的なバグができて、iOS14をiOS13に戻したほうが良い場合に備えて、iOSのダウングレードする方法をお知らせします。

  1. iOSのバージョンダウンにはIPSWファイルをダウンロードしてiTunes経由でiPhoneをダウングレード
  2. AnyFixを利用してiPhone/iPad/iPod touchのOSをダウングレード

IPSWファイルをダウンロードしてiTunes経由でiPhoneをダウングレードする方法は、操作も複雑で、初心者にとって使いにくいです。そのため、iTunesを使わずに、iPhone/iPad/iPod touch/Apple TV向け専用のシステム修復ソフト – AnyFix(Windows版、Mac版の両方が存在)をおすすめします。

AnyFixは、数クリックという簡単な操作iOSのバージョンを戻したいバージョンにダウングレードできますから、オススメ!

まだiOS14へアップグレードしてない人はアップグレードすべき?待つべき?

色々なバグが既に見つかっているiOS14、まだアップグレードしたない人は、安定するまで待った方がよいでしょう。半月から1ヶ月もすれば安定バージョンがリリースされるかと思います。

広告