「私が女優になる日_」渋谷風花vs.高倉萌香の演技バトル結果は?ネタバレ注意!

「私が女優になる日_」の本放送が始まりましたね!

第2回審査は、渋谷風花さんvs.高倉萌香さんの演技バトルでした。

審査は、根本宗子さん、土井裕泰氏、石井康晴氏の3人によって行われました。

当記事では、渋谷風花さんvs.高倉萌香さんの演技バトルの内容や審査結果やネットの声について、まとめお知らせします。

 

当記事最後には、「私が女優になる日_まとめページ」にジャンプできるボタンがあります。もっと「私が女優になる日_」について、知りたい方や楽しみたい方は、是非、別記事の読んで頂ければと思います。

配役・設定

初回脚本担当はNHK連続テレビ小説「ちゅらさん」やテレビ朝日「にじいろカルテ」「姉ちゃんの恋人」など人気ドラマを手掛ける人気脚本家・岡田惠和さん書き下ろしの脚本、
初回審査員は根本宗子さんよる審査となりました。

配役:愛梨(渋谷風花さん) カナ(高倉萌香さん)

設定:
カフェで待ち合わせをしている友達2人、愛梨が遅れて席に着くとカナの顔を見て突然笑い出す愛梨。
しばらくいらっとするカナですが、笑い続けるカナ。

実は愛梨には笑う理由が。

突然席に着いてすぐに笑い出す愛梨に苛立つカナ。なぜ笑っているか聞くがはっきりと教えてくれない愛梨。
あれとかほら、あの時!!とはぐらかす。そんな愛梨にあれとかおばあちゃんか!と突っ込む。
もう何なのよとカナ。すると「怒って力抜けた?」と愛梨。

元気のなかったカナを励ますためにわざと怒らせていた愛梨でした。

審査結果

審査結果

高倉萌香:2

渋谷風花:1

審査員の声

土井氏「高倉さんは、経験がある分、お芝居ってどういうのかをちゃんとわかっているなと思った。」

(渋谷風花さんに票を入れた)根本さん「渋谷さんは、この人に役を書いてみたいなというか、書き手にそう思わせる魅力がある。誰かのミューズになりえる魅力がある。色んな人に色んな役を書いてもらって幅が広がりそう。」

対決者の声

高倉萌香さん:笑うのが疲れてしまいました。

渋谷さん:途中でセリフが飛んでしまって教えてもらっちゃって。

ネットの反応

まとめ

審査結果では、高倉萌香さんが2票に対し渋谷風花さん1票と結果となりました。

高倉萌香さんが地元アイドルなどの多彩な経験を活かし勝利しましたが、渋谷風花さんには今後の成長の可能性を感じましたね!

今後の2人の成長が楽しみですね!

 

「私が女優になる日_」について、もっと知りたい、楽しみたい方は、以下のまとめページもご覧下さい。

「私が女優になる日_」まとめ

広告