「私が女優になる日_」出口真帆vs.武山瑠香の演技バトル結果は?ネタバレ注意!

「私が女優になる日_」の本放送が始まりましたね!

第4回審査は、出口真帆さんvs.武山瑠香さんの演技バトルでした。

審査は、根本宗子さん、土井裕泰氏、石井康晴氏の3人によって行われました。

当記事では、出口真帆さんvs.武山瑠香さんの演技バトルの内容や審査結果やネットの声について、まとめお知らせします。

 

当記事最後には、「私が女優になる日_まとめページ」にジャンプできるボタンがあります。もっと「私が女優になる日_」について、知りたい方や楽しみたい方は、是非、別記事の読んで頂ければと思います。

配役・設定

初回脚本担当はNHK連続テレビ小説「ちゅらさん」やテレビ朝日「にじいろカルテ」「姉ちゃんの恋人」など人気ドラマを手掛ける人気脚本家・岡田惠和さん書き下ろしの脚本。

配役:まなみ(出口真帆さん)、しおり(武山瑠香さん)

設定:
大学受験に合格しおりと不合格のまなみの本音がぶつかる
(見どころ:泣きの演技に中学生の2人はどう挑む?)

大学受験の合格発表の帰り・・・

しおりは合格、しかし、まなみは不合格・・・、

望んでいない結果に、互いが互いを気遣う2人だったが、果たして最後にぶつかる2人の本音とは?

演技バトル後半

しおり「もう何でまなみ落ちるんだよ!!馬鹿!」

まなみ「ごめん!」

しおり「どうしたらいいの、私は?一人で?!」

まなみ「どういう意味??」

しおり「一人で東京で暮らせっていうの?怖いよ!無理!」

しおり「ずっと一緒って約束したでしょ?!」

まなみ「したけどさあ?!知らないよ!そんなの?一緒に住むとは約束してないし・・・、行けよ!東京!・・・」

しおり「嫌だあ!・・・」

まなみ「何なの?!じゃあ?どうすんの?」

しおり「東京へ行きたいけど・・・、一人は無理?!・・・」

まなみ「滅茶苦茶言うなよ!」

しおり「言う!・・・」

まなみ「あん、もう?!」

<泣きながら二人抱き合う>

しおり「東京、怖いよ~・・・。」

まなみ「私も、行きたかったよ!・・・行けよ!」

しおり「嫌だよ!・・・」

まなみ「行け!」

しおり「行かない!・・・」

<二人抱き合いながら泣き続ける二人・・・>

審査結果

審査結果

出口真帆:1

武山瑠香:2

審査員の声

土井氏「とってもピュアな物を見せてもらった。僕の中でも差がありません。出口さんは自分の感情だけでなく、相手の感情も引き出そうとしていた。」

根本さん「二人とも本当に良かったのだけれど、出口さんが、感情の引き出しをいっぱい出そうとしていた。」

石井氏「すごく2人とも良かった。僕の中では、ほぼ同点・・・。同点だけれど、唯一差が出たと思ったのが気持ちの出し方が武山さんの方が一本あった。」

対決者の声

出口真帆さん:緊張して飛んじゃったところもあったんですけど、環状を頑張って伝えられたのではないかと信じています。

武山瑠香さん:すごい緊張して、ガッチガッチで手が震えまくっていたけど、自分なりに出来たのではないかなと思います。

ネットの反応

出口真帆さんvs.武山瑠香さんの演技バトルの詳細については、Paraviのディレクターズカット完全版のみでの配信だったので、
現時点で、Twitter等ネット上では反応を見つけることが出来ませんでした。

今後、新たな情報を見つけ次第、追記・更新します。

 

まとめ

審査結果では、出口真帆さんが1票、武山瑠香さんが2票という結果となりました。

どの審査員の方も出口真帆さんと武山瑠香さんを選ぶのに、とても悩んだと言っておられましたね!

年齢が近い2人ですが、今後の2人の成長が楽しみですね!

 

「私が女優になる日_」について、もっと知りたい、楽しみたい方は、以下のまとめページもご覧下さい。

「私が女優になる日_」まとめ

広告